愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

コンサートカードより~みんなの声(出演者編)

過ごしやすい日々が続いていますね。今の時期はレッスン室の空気もすっきりしていて好きです。レッスンにやって来る皆さんもすっかり半袖に変わり、寒がりの私だけまだ長袖から抜け出せませんが、みんなのパワーがあふれるレッスン室です♪

さて、ここから数回にわたって皆さんからのコンサートカードの言葉を抜粋で紹介していきたいと思います。長い子では毎年書き続けて7回目のコンサートカード。始めは一言で終わってしまっていた子も、今は自分の意見や、その理由まで述べられているようになり成長を感じずにはいられません。長い付き合いだからこそ出てくる気持ちや言葉があるんだなぁ。と頑張って続けてきてくれた生徒さん、応援してくださる保護者の皆様に感謝です★ それでは早速はじめましょう!

 

①自分の目指す演奏が出来ましたか?100点満点のうち何点くらいだったかな?

80点以下 20%  90点以上100点未満 40%  100点以上 40%

という感じでした。2曲演奏する子は曲によって点数が違う子もいました。それだけしっかり自分の演奏をチェックしていたという面で、冷静にステージを楽しむ余裕もあったのだなぁと感心します。

低得点の子のコメントは「20点 練習不足でした」とひたすら反省の子もいますし、「68点 次はがんばるぞー!」と前向きな子、「85点 残りの15点は音量バランス」などとしっかり分析している子、「80点 練習のがんばりを全て出し切る事はあがってしまって出来ませんでしたが、それでも十分満足できる演奏が出来ました」と自分の演奏に手ごたえを感じている子など、色々でしたが、みんな次への目標を見ようとする意欲が感じられ嬉しいです。

90点以上~100点未満の子のコメントでは、「98.2点 最後の音が少し濁った」と悔しそうな子、「95点 笑顔じゃなかったから」とステージでの表情について考えた子、「90点 間違えた所はあったけど、良い演奏が出来たと思います。気づいたら終わっていてよく覚えていません」と演奏に溶け込んでいたような子の素敵なコメント、「90点 カチコチになりすぎてしまった」と緊張と闘っていた子など様々でしたが満足感が伝わってきます♪

そして、満点~それ以上の子たち。沢山いました☆彡「100点 思い通りに弾けました」「100点 やりきりました!」「今回のコンサートは今までよりも一番楽しく弾けたコンサートでした。100点満点中もちろん100点!!」嬉しい気持ちのオンパレードです!さらに、「目指す演奏が出来ました!軽く言って100億点!」「2億点!」「90000000000000000点」と0が16個もついている子もいましたよ。すごいですね。ステージで自分が100%納得できる演奏をする事って本当にまれですからね。そう思えたという事は、本当に幸せな事です。次の点数に期待ですね☆

②ソロとデュオどちらが楽しめましたか?

この質問は今回初めての物でした。一人ピアノと向き合って弾くソロと二人で弾くピアノ、みんなどんな気持ちでステージに挑めたかな?と思い聞いてみました。結果は

ソロ 18%  連弾 56%  どちらも楽しい 16%

ソロが楽しい!と言えるのはステージを楽しめている証の一つですね。自分の目指すものを表現したい!という気持ちが緊張やプレッシャーよりも強くあると、人前でも力をしっかり発揮できるかもしれません。 連弾が楽しい子達の数は圧倒的に多かったです。やっぱりそうですよね。私の子供時代、発表会と言えばやっぱり一人でのソロ演奏でした。ほんの時々グループで合奏をする事がありましたが、ほぼソロ演奏のみでした。結果・・・発表会はたいして楽しかった記憶がありません。でも、お友達と合奏した時は楽しかった。遠い会場まででも頑張って行って演奏できるくらい楽しかったので、教室の皆さんにはソロだけでない楽しさを知ってもらいたく今のようなプログラムが存在しています。一人でなく隣にもう一人いるだけで、気持ちがとても安らぐし楽しめるのが連弾です。二人で作り上げる!という感覚はとても貴重です。これからも続けていきたいですね♪

皆さんのコメントの中には「ソロです。 自分ひとりで弾くものなのですごくドキドキしましたが、その分やりがいを感じられました」「一人で弾く演奏が楽しかったです」というソロを楽しむ子達、「二人で弾いて曲が出来上がるのが楽しいし嬉しいから」「先生と弾いたのが楽しかったです」「先生と弾く連弾の方が楽しい」「一人だと恥ずかしいから」「妹と弾けてうれしかった」「先生がとなりにいると安心して弾けます」と連弾が楽しめた子達、また「どちらも楽しいです」「どちらも心を込めて弾くことができました」と両方を満喫できた子達。と様々でしたが、楽しいという言葉が沢山出てきているのがリエ先生としてはとても嬉しい事です。「ステージは特別な楽しい場所」という感覚をもって皆さんが大きく育ってほしいなぁと願います♪

 

長くなってしまったので、続きはまた次回にしま~す。今日もレッスンがんばります。

angeltone-piano.com