読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

ピアノの音で気分が分かる

f:id:angeltone:20160316031049j:plain

待ち遠しい春もすぐそこまで来ていますね。そして、エンジェルトーンピアノコンサートも着々と近づいてきています。

皆さんの演奏も回を重ねるごとに上達してきて最近では、レッスンの中でお辞儀の練習や、椅子の座り方、弾き始めや弾き終わりのきれいな腕の動きなども一緒に練習する時間が取れる子も出てきました。コンサート出演者の皆さんにはステージマナーの大切な点をお便りに書いてお渡ししていますので、是非お家での練習でもお役立てください。

教室第1回目のコンサートなので、私も準備に手落ちがないよう早め早めに用意を始め、演奏者の皆さんがお友達や大切な方々にお渡しできるよう簡単な招待状の作成やプログラムデザイン、ステージ装飾の予約やカメラマンさんなどもしっかりお願いしてあります。そうそう、忘れちゃいけない私のピアノの練習も!!!少ない時間しか確保出来ませんが楽しんで弾けるよう集中して練習しています。いつになっても、ピアノは何度も何度も弾く事で曲の核心に近づける気がします。楽譜の中にあるメッセージを読み取るにはやっぱり練習あるのみですね。

さて、ピアノという楽器はと~っても正直な楽器だという事はご存知ですか?間違った音を打鍵すれば容赦なく間違った音が鳴るというのは当たり前ですが、ピアノは弾いている人の心の様子まで映し出してしまいます。私が幼かった頃もピアノの師は「里枝ちゃんの音を聴けば、どんな気持ちか、どんなお家でどんな性格の子かぜーんぶ分かるのよ」と言われた事があり「そんなの分かりっこない!」と思っていたのですが、年を重ね、様々な学生や演奏家の音楽を聴く中でそれが本当だったことを思い知りました。ピアノは奏者の心も生活も映し出してしまいます。なんだか怖いな・・・と思わずこのピアノの正直さをプラスに使ってください。ピアノは「こういう風に弾きたい!こういう音を出したい!」と明確に頭にイメージを持っている奏者の気持ちを音色に繋げてくれるはずです。求める音を自分とピアノとで一緒に作り上げる。そんな気持ちで演奏を進めていけば、ステージでも堂々と弾けるはず。なにせ、私たちのパートナーは大きな大きな楽器の王様「ピアノ」なんですから!!

次回も正直ピアノのお話しの続きです♪

angeltone-piano.com