読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

自信をつけるピアノレッスン

f:id:angeltone:20151217032506j:plain

今年のレッスンもそろそろ最後になってきました。2015年は、3月の帰国から日本での12年ぶりの生活が始まり、4月からはピアノ教室のレッスンを始め沢山のお子様、保護者の皆様、大人ピアノの生徒さんにも出会い、楽しくレッスンをさせて頂けたことを、とても嬉しく感謝しております。

秋頃は各学校合唱シーズンだったようで、ピアノ伴奏を担当する子やパート練習でピアノを弾く子、また合奏でピアノパートに抜擢された子など生徒さん方が、ピアノの技術を学校でも活用できる場が多くあったようでした。「間違えずに止まらず伴奏弾けました」という嬉しい報告を受けたり、「合奏で弾くピアノパートでちょっとよく分からないから教えてほしい」と楽譜をもってレッスンに来てくれたりと生徒さん達の張り切る姿を輝かしく感じる事が多々ありました。

何か人より優れているものがあるというのは、自信につながります。もちろん、足が速かったりお勉強が良く出来るというのも良いですが、足が速いのは、どちらかと言うともって生まれた能力。勉強はひたすら予習復習の努力の積み重ねですね。それに比べるとピアノは、小さな頃からの積み重ね=努力と忍耐 と 沢山の曲に出会い音楽性を育てる=才能 の両方があってこそ成り立つもの。一日二日で出来る事ではないのです。それだから沢山の人に感動してもらえる、もしくは「弾いて!聴かせて!」と頼まれて自信へと繋がるのではないでしょうか。

私のレッスンではピアノを始めて数か月のお子様たちも含めて、ピアノに向かう事が楽しくなる曲集をレベルに合わせて取り入れています。なぜなら「ピアノが弾きたい」と思って教室へレッスンに来てくださる皆さんは、「あんな曲が弾きたいな。」とか「あのピアニストさんみたいになりたいな」という憧れを持って通ってくださっているから。そして「憧れに近づいている!」と実感できる瞬間は、練習曲をひたすら弾いている時ではなく耳慣れた曲やクラシック名曲などを弾いている時のはずだと思うからです。

凝り固まったカリキュラムにピアノへの憧れを阻まれることなく、無理のない選曲で色々な年代の音楽を触れさせてあげることが出来れば、視野の広い人間性をも育てられるのではないかと考えています。生徒さんが自信をもって発表出来るまでの道を一緒に歩む事で皆さんの夢や憧れを現実のものへと変えていくことが出来れば、レッスンペースが少しくらい遅くても何も問題ないと思います。人それぞれ成長する時期は様々ですからね♪楽しめるからこそ、毎日ピアノに向かえる。レッスンが終わった時に「よしっ!また頑張ろう!」と笑顔になれるレッスンを常に提供していきたいと思っています。

angeltone-piano.com