読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

妥協しない!

f:id:angeltone:20170402072306j:plain

4月!新学期が始まりますね。ブログも久しぶりになってしまいましたが、気持ち新たに書いていきたいと思います。レッスンでは、レッスン生の皆さんと通じ合い、ブログでは保護者の皆様と繋がれる大切な場所なので、ブログお休みばかりになんてしたくない~!!と気合十分です★★★

さて、4月1日のレッスンからコンサートプログラムと詳しいお知らせ・ステージマナーについてのプリント、コンサートカードの配布をしています。前回は、リハーサルでお待たせする子も出てきた為、出来るだけ小分けして集合時間を決めてリハーサル出来るようにしています。以前のように、ステージでミニレッスンまで出来るか分かりませんが、小さいお子様達は3分程度、曲が長くなるにつれて5分程度と時間を区切らせていただきます。よろしくお願いいたします。

今回は、中学生以上の大きいお友達だけでなく、新3年生の皆さんの中にもペダルを使うおともだちがいらっしゃいますので、ペダル使用のピアニストさんはお家で本番用の靴を履いてペダルを踏む練習をすることも忘れないでくださいね。

お知らせが長くなりましたが、今日のお題は「妥協しない」今、コンサートに向けての練習でみんなが自分の演奏曲を長く弾き続けています。ゆっくりの譜読みを終え、指が動くようになり、暗譜も出来て・・・と段階を追って練習が重なっていく中で何度も何度も同じことを繰り返しアドバイスする点が出てくる事があります。一人ひとりのお家の練習でのクセだったり、違う音やリズムがそのまま頭の中にインプットされてなかなか治せなかったり、とにかく速くなってしまったり・・・理由は色々ですが初めは楽譜に小さく注意が書いてあった所が、次は丸印で囲まれ、赤鉛筆登場、さらに赤でもう一度注意点を書く、おまけにレッスンノートにまで同じことがっ!!(笑)と度重なるアドバイスが続く事もあります。

そんな時「これ以上はちょっと難しいかな?」と私の方が立ち止まりそうになった事があったのですが、それでも負けずにあの手この手で曲のイメージをお話して一緒に弾いて聴いて終えたレッスンの翌週。レッスン生さんの演奏は、それまでのアドバイスの山が一掃された理想の形になっていたことがありました。これなんです!何かを続けていると突然ふっと難しかった謎が解ける瞬間があります。ピアノもそうで、なかなか上達しないように思えても着実に次の扉までの積み上げをしているのです。すぐに結果を求めがちな世の中ですが、1日1日の成長を楽しむ子育てのように、花が咲く日まで気長にお水をやるように、ピアノの演奏もゆっくりゆっくり積み上げて立派な基礎を作っていってほしいと思います。

「妥協しない!」という言葉をレッスン生の皆さんに、教えてもらった春の始まりです。春休みの皆さんの追い上げは本当にすごい!!2週間後の本番が楽しみです!プログラムの印刷ももうすぐ終了。我が家の子供たちが春休みのうちは、夜更かししてプログラム製本に頑張ります!!

皆さん、素敵な春休みを過ごしてくださいね♪