読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

失敗は成功のもと!

f:id:angeltone:20160903014913j:plain

9月に入り、教室にはピアノレッスンに挑戦する新しいお友達が増えました。皆さんドキドキの面持ちで体験レッスンにいらっしゃいますが、帰りはニコニコ笑顔で教室を後にされるので、嬉しいです。

新しく入られたお友達は特にですが、レッスンで弾くときには「間違えないように弾かないと!」という気持ちが働き、一回目の演奏がお家の練習のように弾けないことがよくあると思います。これは私もいつも持っていた気持ちなのでとても良く分かります。私が今までレッスンを受けてきた先生の中には、大変厳しい先生もいらっしゃり、叱られたくない私はレッスン前日から憂鬱になりレッスンでは緊張というか恐怖との闘いで弾いていたこともありました(泣)

とは言え、その先生方の事が嫌いだったわけでは無いですよ。とても厳しい先生でしたが音楽に対する情熱や演奏への指導はとても適格で当時中学生だった私は怖いながらも尊敬していました。当時のレッスンを毎回録音していたカセットテープは今でも大切にとってあります。

レッスンを受けている当時の私には、先生はとにかく怒っているようにしか感じないくらい怖かったですが、今実際自分がレッスンをする立場になって思うと「上手に弾かせてあげたい!」という気持ちの現れだったのだと思います。レッスン生は一人ひとり全てがとても可愛い教え子ですからね♪

なので、レッスンでは萎縮することなく思いっきり音を鳴らしてください。ピアノは正直なので音を聴くと「今日は気分がのってないな。」とか「自信なさそうだな。」とか皆さんの心が見えてきます。皆さんの奏でる音を聴きながら私はその日のレッスン内容を組み立てていきますが、「間違えたからダメ!」なんてミスを数えたりは全然していません。一緒に上手になるためにレッスンに来ているのですから楽しく弾いてくれると嬉しいです。

レッスンの中ではもちろん、ピアノ演奏が少しでも美しく輝く音楽になるように!との気持ちを込めて進めていますが、それと同じくらいレッスン室で過ごす時間の中で創造力、集中力、思いやり、ユーモアを身につけて欲しいと思っています。その為に40分のレッスンがいつも時間との闘いになってしまうほどよく喋ってしまうのですが・・・(汗)

取り組んでいる1曲、1曲に違う時代背景があり、作曲家の激動の人生があり、そんな中で1つのメロディーが生まれてくるのです。ただ楽譜に印刷されている音符を弾くだけのレッスンはしません。創造力をめいっぱい働かせて膨れ上がる音楽を皆さんと一緒に作っていく教室でありたいと思っています。色んな弾き方を試してみましょう!失敗しながら上達していった方が味のある天使の音が響きますよ♪

angeltone-piano.com