愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

ウィーン→プラハ 音楽散歩

f:id:angeltone:20150724054851p:plain

久々の日本の夏。ムッとする暑さに体がばて気味なのか、単なる子育て疲れか?ブログを書こうと思っていても寝てしまう今日この頃・・・夏本番が怖いです。

今回は、プラハで過ごした10数年を思い出しながら私のプラハ散歩道を書いてみようと思いました。

学生時代、妊娠期、母親になってから・・・と自分自身の環境も大きく変わったので最後の方はゆっくり散歩と言っても歩く場所が随分変わりましたが、音楽散歩編なので一番音楽を聞いた学生時代のお話です。とそのまえに・・・

私は、プラハ音楽院への受験に合格した年の9月から音楽院へ通う予定をしていましたが、その年プラハモルダウ川の大洪水に見舞われ私は半年間、お隣のオーストリア・ウィーンへ渡りました。ドイツ語での生活をしながら現地で出会った仲間とオペラ座に頻繁に通い、小銭で見られる立見席で週に何度もオペラやバレエを見ました。良い立見席ゲットのために現地人にまみれ階段をダッシュしたのが懐かしいです(笑)

また、ウィーンフィルの拠点である楽友協会での定期コンサートは協会員の方が席を確保していらっしゃるのですが、ある日たまたま私がコンサート会場前でチケットを譲ってくださる方がいないかなぁ。。。と待ちぼうけしていた時に「一緒にコンサート聴きましょう」と声をかけてきてくださった貴婦人がなんと、前から3列目ど真ん中の席のチケット所有者で私は目の前の大指揮者にビックリ、ウィーンフィルの繊細な輝く音に感動、そして自分に思いがけず降ってきた幸運に大興奮でコンサートを堪能しました。

その後もこの貴婦人は、コンサートのお誘いの電話を数回くださり私はウィーンフィルとテレビでしか見たことのない大指揮者を間近で体験することができました。

そんな幸運も重なり、私はウィーンの黄金のホールが大好きです。

そのホールで一度だけ、立ち見でコンサートを見たのが内田光子さんのコンサート。ピアノのコンサートは日本でも沢山通っていましたが、これほど心を打たれた演奏はありません。ベートーヴェン最後のソナタでしたが、天国に上っていくようでした。

私はベートーヴェンがとりわけ好きなので、プラハの洪水のおかげでベートーヴェンが生きたウィーンの街に住むことが出来た幸運にとても感謝しています。ベートーヴェンが住んだ家を見たり、散歩道を一人で歩いたりして少しでも彼の生活を覗けた事は、曲のイメージ作りにも大きな変化をもたらしました。

ハプスブルク家の気品高さに包まれたウィーンを体験した後でプラハ入りした私は、その違いにビックリ仰天することになるのですが、プラハ編はまた次回に?

写真は、ウィーンの貴婦人への感謝を込めて楽友協会・黄金のホール?

angeltone-piano.com