読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

テクニックと暗譜を同時に完成できるピアノ練習方法

f:id:angeltone:20150617234909j:plain

このブログで時々お伝えしている「簡単ピアノ練習法」

小さいお子様からお家ですぐ試していただける本当に簡単な練習法ですが、とても効率的におけいこがはかどりますので発表会の前など、しっかり曲を仕上げたい時などには是非お試しください。

今回は、指のテクニックをつけながら暗譜も出来てしまう!なんともお得な練習法です。

その方法は、フォルテ&アダージョ(強く・ゆるやかに)

ずばり、大きな音でゆっくり練習することです。拍子抜けしてしまったでしょうか?でも試してみてください。ビックリしますよ。

私はリサイタル前などこのフォルテ&アダージョでとにかく弾き続けるので、家族は大きな声では言えないものの「大丈夫か??」と思っているはずです。

この練習法がなぜ良いのか・・・ちゃんと理由がありますよ♪

フォルテ・・・大きな音で弾くというのは、指の形がしっかりしていなければ出来ません。弱い音はふわふわとした打鍵で弾いてしまうことも出来ますが、そういうごまかしはフォルテの時は出来ません。なので、自動的にしっかりとした打鍵でひくテクニック練習につながるのです。また、しっかり打鍵することで暗譜がはかどります。ただ、注意してほしいことは正しいフォルテの奏法を講師から事前に教えてもらっていなくてはいけません。がむしゃらに強く弾いていると肩~腕~手首への脱力が出来ず、腱鞘炎になりかねません。

アダージョ・・・ゆっくり弾くことは大事です。いつものテンポで弾くことに慣れてしまうとリラックスした状態では暗譜が出来ていても、ステージですっぽり暗譜が飛んでしまうことが多々あります。ゆっくりの練習をすると、なんとなく弾くことが出来ず指、聴覚、視覚の全てを使うので暗譜がより確実になるのです。

素敵な衣装をつけてステージの光を浴びて、聴衆を前に弾く機会は小さなお子様にも演奏家にも特別なひと時です。フォルテ&アダージョで満足できる演奏を作り上げましょう♪

 

angeltone-piano.com