読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

生徒さんの成長

f:id:angeltone:20170510130726j:plain

コンサートが終わりホッとしているうちにゴールデンウィークも瞬く間に過ぎ去りましたね。皆さん有意義に過ごされましたか?私も久しぶりにお休み3日間を楽しみました。少しピアノと離れて新鮮な春の陽気を体に取り込み、また元気な笑顔と大きな声でレッスンに励みたいと思います!今年は、小学校へ新入学された生徒さん、中学校へ入学された生徒さんもいらっしゃり、新生活の慣れない日々をレッスンでもよく聞かせてくれますが、それぞれが弾いてみたい曲や「あの子のように弾きたい」という目標を胸に頑張る姿が見られ前向きエネルギーが大放出のレッスン室!私も新しい楽譜やワークブックを取り揃えて皆さんとの楽しい音楽の時間の準備に力が入ります!!

そんな中生徒さんの中には、一緒にレッスンを重ね重ねて長い子では3年目を迎える子もいらっしゃいます。ピアニストの座り方から始まった小さなお子様達が少しずつ音符を覚え、指を動かし、曲想を付けて弾けるようになりペダルを踏んで演奏する・・・段階を追って力を付けられている生徒さんの様子を改めて振り返ると本当にやりがいと喜びを感じます。そんな頑張り屋のレッスン生さん達にお渡しし始めているのが、4期のピアノ曲が納められた曲集です。「この作曲家のお顔を音楽室で見た事あるかな?」なんて話をしながらバッハやベートーヴェンシューマン、サティなどクラシック作曲家の作品を一緒に読み解く時期がこんなに早くやってくるとは!そして、そんな大作曲家の作品を「弾いてみたい!」と思ってくれる生徒さん!!本当にうれしいです。1人ひとりの様子、好みも考えながら無理なくピアノ名曲へと誘導して音楽の世界を幅広く、奥深く広げてあげられば。。。と思っています。「偉人伝なんかでしか出会うことの無い人物と、私たちは楽譜を通じて心を通わせる事が出来る!」ただの難しいバッハの響き・・・とかとらえにくい近現代作品の響き・・・という引っかかりを一緒にひも解いて音楽を楽しみましょうね。

少し話がずれますが 先日、レッスン生のお母様からいただいたお手紙の中にとても心に残る一言がありました。「家族以外で深く係われる大人は限られています。毎週先生に会い、ピアノだけでなく人として大切なことも学んでほしいです。」なかなかゆっくり保護者の皆様とお話する機会はないですが、こうした暖かい気持ちでレッスンへ送り出して下さっているお母様がいらっしゃるという事を改めて心に刻み、将来レッスン生の皆さんがピアノレッスンから培った創造性やあきらめない気持ちを存分に発揮して活躍してくださる日が来るまで『自分に厳しく、努力あるのみ!!』と自分にむち打ち今日もレッスンに備えたいと思います!!

angeltone-piano.com