読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

音色豊かな演奏をつくるために

f:id:angeltone:20170204021215j:plain

2月が始まりました。今年は子供と一緒に何十年ぶりとなる節分の豆まきをしました。大きな声を出して、投げる豆!今回は庭で豆まきをしたので高く、広くのびのび豆まきをしてなんだか元気になりました。こういう日本の風習は気持ちを切り替えるとても良い機会ですね。

さて、毎日のレッスン生さんとのレッスンでは演奏曲に合わせたアドバイスを沢山しています。もちろん初めは一緒に音を読むところから始まりますが、徐々に指が慣れてきた所からは早速曲の背景を取り込んだレッスンを私はしています。レッスン生の皆さんには、分かりやすく説明するために1カ月で譜読み、2カ月めにスラスラ弾けるようにして3ヵ月めで曲想をつけて弾けるように出来るといいね。と言ったりもしますが、実際の私のレッスンでは譜読みが出来た状態からすぐに曲想を備えた演奏練習へと進めています。もっと上級になってくると譜読みの段階から曲想を解釈しながらのレッスンに変わります。ここが、私はすごく重要な事だと思うのです。

教室によっては楽譜に書かれている強弱記号や他の演奏記号を守って弾けたらOKという所もあると思いますが、天使の音色を目指すエンジェルトーンのレッスン生の皆さんにはもっと深い所まで感じる、想像する力を身につけてもらいたいと思っています。このレッスン内容は、曲によってそれぞれ表現が違うので詳しくは書けませんが、レッスンの中で私は皆さんが曲をより身近に感じられるような音楽背景を沢山例にあげて話します。そこから皆さんが頭の中でイメージを膨らませ、個々の個性と想像性が込められた演奏へと変化していくのです。

有り難いことに、生徒さんと一緒にレッスンをしていると、こうした音楽の背景がポンポン頭に浮かんでくるので「例えばこんな感じとかね」と話すことが出来、自分でも「この例えならこのメロディーにぴったり」と思う事があります。そして、生徒さんが「あ~、そうか。だからこういう風に弾いた方がいいんだぁ」と納得してもらえた時が、演奏に心が入る瞬間。そこから本当の演奏は始まるのだと私は思っています。

想像力を簡単に養う事が出来る方法は、読書。あと妄想(笑)最近は私、本を読む時間が見つけられないので過去の読書と、今も現役の妄想が私のレッスンの源なのかもしれません。でも、楽譜を通じて作曲家とレッスン生さん、そして私と3人で繋がれる事はとても幸せな事です。ピアノと楽譜が私たちにとっての「どこでもドア」や「タイムマシン」になる!そんな夢いっぱいのレッスンをいつも続けていきたいと思っています♪

angeltone-piano.com