読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

コンサートオープニング・・・みんなで出来るかな?

エンジェルトーン教室だより

f:id:angeltone:20161202045451j:plain

続いての記事も4月のエンジェルトーンピアノコンサートについてです。随分前から頭の中がコンサートの事でいっぱいで、話題が次から次へと出てきます(笑)

前回のコンサートでは、ヴァイオリニストの祥子さんを迎えて舞台の幕が上がると同時にドヴォジャークのユーモレスクが流れる!という設定でオープニングを迎えましたが、今回はレッスン生の皆さんの力を借りてオープニングが飾れるといいな♪と考えています。

トーンチャイムってご存知でしょうか?私はこの楽器の存在を知ったのはまだ半年ほど前ですが、簡単に言うとクリスマス時期に時々耳にする「ハンドベル」のように何人かで音を鳴らして音楽を演奏する楽器です。

実は私このハンドベルが昔から好きで、どこで最初に見たのかも記憶が定かではないのですが小さな頃から好感を持っていました。子供時代の私が力を入れていたピアノも水泳も、「最大のライバルは自分」的な個人種目ばかりだった事も影響しているのかなぁと思いますが、みんなで一つの曲を演奏する。というハンドベルの姿がなんだかとても新鮮に映ったのでしょうね。

大学時代にはハンドベルクワイアのサークルもあったと思うのですが、ちょっとそれどころではなく、時は過ぎ「個人戦ピアノ」のまま私は日本を出てプラハへと渡りました。その何年後か プラハでピアノ指導をしていた頃に日本人学校の器楽クラブ講師をしていただけませんか?というお話がありました。この器楽クラブではなーんと合奏の他にハンドベルを練習していてベルで発表会にも出演していたので「わー!ついにハンドベルだ!!」と思った数日後に第1子を妊娠している事が分かり、当時受け持っていた多くの生徒さんのレッスンと学校では初めての妊婦生活で大変という事で、残念ながらお断りすることになりました。

ただ、いずれハンドベルはやりたい!と思っていた為、今回第2回のコンサート企画を始めた頃から「やれそうかなぁ・・・?」とハンドベルを色々調べていたところに「トーンチャイム」の存在を知りました。こちらのトーンチャイムハンドベルよりもずっと心地よい音色がするのです。とてもまろやかな響きでベルの金属的な音とはまるで違います。娘と一緒に休日には鳴らしていますが、柔らかく響く音と共同で音楽を作る楽しさですっかり子供たちのお気に入りになっています。

大切な楽器であることと、注意深く周りの音を聴いてメロディーを繋げていきたいので基本的には小学生以上の皆さんを対象に(人数が集まれば)オープニングをトーンチャイムで始められれば・・・とは思いますが、皆さん忙しいので自主練習用のビデオ配布と月に2回くらい週末に1時間くらいみんなで集まって練習出来そうであれば実現したいと思っています。小学校前の生徒さん達には、「学校に行ったら一緒にやれるんだ!」というお楽しみにしてほしいですね。

こちらの件に関しては今月中に教室からお手紙で皆さんにお伺いしますので、ご意見お聞かせください。

トーンチャイム自体は、ピアノのようにコツコツ練習するというよりは、レッスンの場でみんなと楽しみながら練習出来るのでお家では演奏する曲を聞くことくらいです。音楽は好きだけれど、お家での練習が忙しくて出来ない方にも(練習嫌いなお子様にも

)出来るお稽古として楽しんでいただけるのでは・・・?と今後の教室カリキュラムにも加えていければ良いなと考えています♪

angeltone-piano.com