読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

ピアノを習っている子の特徴

エンジェルトーン教室だより

f:id:angeltone:20161109020831j:plain

11月に入り、寒さが突然厳しくなりましたね。教室では、皆さんが寒さで肩に力が入ったり冷たい指で弾けないという事がないように、暖房をつけてのレッスンが始まっています。寒さに負けず楽しくレッスンを進めていきましょう♪

今回は、私の子供がお世話になっている歯科医師の先生のお話です。子供たちを連れて帰国してすぐから定期的な検診でお世話になっている先生ですが、色々なお話を進めていく中で私がピアノ教室をしている事をよく覚えていてくださり、前回の検診で先生がこんなお話をしてくださいました。「私はね、ピアノを習う事って本当に良いと思いますよ。私も兄弟もみんな子供時代にはピアノのレッスンに通って学校で伴奏をさせてもらったりもしました。ピアノが脳の発達に良い事は証明されていますしね。」「私は、歯科医をしていますから、長い期間お子さん達の成長を見ていくのですがピアノをやっているお子さん達は、どの子も優しいし、しっかりしているわね。本格的にピアノの道へ進むというのは大変な事だけれど、習い事の一つとしてピアノをされているお子さんはみんなとても良い子ですよ。」まさかこんな嬉しい言葉を子供の歯医者さんで聞けるとは思いもせず、私はとっても幸せな気持ちになりました。

続いて「何歳くらいのお子さんを教えていらっしゃるの?」と聞かれたので、今のピアノコースは3歳から、そして来年度からは2歳児さんの特別クラスを開講したいという事をお話したら「素晴らしいですね!2歳から良い音楽を感じて脳に刺激が与えられるのはとても良い事です!是非頑張ってくださいね。応援しています」と勇気をいただきました。先生のご兄弟は、みなさん子供時代にピアノを習われて皆さんお医者様なのだそうです。すごいですね。。

ピアノという習い事は少し特殊で、日頃の練習の積み重ねが無いとステップアップしにくい。という点でご家族のサポートがなくてはならない習い事の一つだと思います。レッスンの中では「お母さんに、指の形を注意されたよ」とか「ママが練習を聴いていてくれたの」という生徒さんの声もよく聞こえてきます。保護者の皆様には、お家でのピアノの時間作りを上手に工夫していただき本当に感謝しております。

楽しくチャレンジする気持ちを常にお子様に持ってもらいながら、技術も精神力も伸びるエンジェルトーンのレッスンであるよう、私も頑張らなきゃ!と気合いを入れなおしました♪

angeltone-piano.com