読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

ピアノの導入期に身に着けたい指の形

ピアノ練習のコツ

f:id:angeltone:20160521015803g:plain

新年度のスタートと共にレッスンを始めた生徒の皆さんは、鍵盤の場所や楽譜の読み方など初めてのことが沢山なのですが、そんな初めてづくしのレッスンの中でいつも忘れず生徒さんに伝えている事があります。それは指の形。「まだ手が小さいから」という声が聞こえてきそうですが、ピアノを弾くうえで指の形は最重要ポイントと言えるのではないでしょうか。

その為、私は小さなお子様のレッスンでは2台のピアノをフル活用して自分の弾いている姿をよく見せます。そうすると子供特融の鋭い観察力で私の指の形を真似しようとするので、無理なく理想的なピアノ演奏の指の形を最初の段階で手に入れる事が出来るのです。

指の形を早い段階で体に覚えこませる事が出来れば出来るほど、演奏技術は上がりますし無理なく進歩を遂げる事が出来ます。反対にこれが出来ていないと後々までとても苦労することになるので、私は指の形や弾くときの姿勢はどの生徒さんにも諦めずアドバイスし続けています。

最近は、連弾用の動画などを参考に私の手や腕の動きをよく観察して同じように動かそうと熱心にピアノに取り組む生徒さんも現れとても嬉しいのですが、なかなか指の形まで気にかけられずに弾いてしまうあわてん坊の生徒さんもいらっしゃいます。テクニック教材の中で、または普通の練習曲の中でもお子様たちが自然に気を付けて、良くない指の形を少しずつ修正していけるようレッスンでは面白おかしく指について話していますが、お家でのおけいこでは、時々お子様の弾く様子を見て指が理想的な形になっているか見てあげてください。レッスンでも、お家でも気を付ける習慣が出来れば指はいつの間にか美しいピアニストの形へと変化していきます。

何を始めるにしても、やっぱり基本は外せません!ピアノを弾く指の形、姿勢は早い段階でマスターできるといいですね♪

angeltone-piano.com