読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

コラボレーション作品

f:id:angeltone:20160311005833j:plain

梅が咲き、春の暖かさが感じられる季節になりました。教室には新しくピアノを始めたい!とウキウキ、ドキドキの気持ちを持って体験レッスンに小さなお子様、保護者の皆様がご参加くださり、楽しい時間を一緒に過ごしています。ありがとうございます。

さて、今日は私がレッスン室に飾り大切にしている一つの作品の思い出を綴ってみようと思いました。レッスンに来られる生徒さんや保護者の方の中には、目に留まって既にじ~っと鑑賞してくださっている様子も見られ、「先生、これって?」と聞いてくれる子もいます。私にとってはトロフィーや賞状よりも前に置いておきたい音楽と心の栄養剤です。それが、こちらの作品↓

f:id:angeltone:20160310061905j:plain

とても素朴に鉛筆で描かれた絵と詩。「if you are」という作品です。この作品、実は私が作曲した曲をテーマに作者が創作してくださったものです。

時代はかなりさかのぼり(笑)私が大学を卒業しディプロマコースで演奏法を学んでいた頃の話です。演奏を意欲的に取り組む日々の息抜きとして始めたホームページで、私は自分の作曲した曲をパソコンで一音一音打ち込み音楽素材としてアップしていました。練習の合間に聞こえてくる鳥の声がきっかけだったり、水の音など、フッとした時に頭に浮かぶメロディーを五線紙に書きとめ、夜の練習を終えると今度はパソコンの前で朝方まで自分の音楽を打ち込む。という若いから出来る無謀な生活の中で自分の曲を世に出していくと、意外にも曲を個人のホームページで使って下さる方なども現れ、いわゆるネットの中での知り合いも出来ました。そんな中で私が大好きだった絵と詩のサイトを作っていらしたのが、この作品の作者の「りっぴぃ」さん。

同年代という事もあり、すぐに意気投合し、始めたのがコラボレーション作品作り。その第1弾、彼からのご挨拶替わりに送られてきた作品がこの「if you are」でした。こんなロマンチックな文章だから「里枝先生の彼氏だった人?」と思われそうですが・・・そういうのはありませ~ん(笑)

この時のサイトは私もりっぴぃもずいぶん前に閉鎖してしまっていますが、その頃作った曲は岐阜のサラマンカホールという素晴らしいホールで録音して音源を残しておきました。りっぴぃとのコラボレーション曲(if you areも含めて)も収録したのでそのCDをりっぴぃに送ったら、このif you are の原画をプレゼントしてもらい今、私のレッスン室に飾られているわけです。レッスン室にいらした際には是非見てくださいね。

今日この記事を書くにあたり、久々に自分のCDを聴いてみると・・・これが意外にもよかったです♪作曲した本人が弾いているので怖いものなしなんですよ♪いずれ、皆さんにも聞いてもらえる時がくるかな??どうかな?(笑)

 

angeltone-piano.com