読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

自然なピアノの演奏姿勢とは?Part2

ピアノ練習のコツ

f:id:angeltone:20151202033359j:plain

さて、前回の続き。私の演奏スタイルの歴史 後半戦を書いてみようと思います。

大学へ入った頃の私の演奏スタイルはどちらかと言えば、体のどこかに力が入っていて完全にリラックスした状態ではありませんでした。新しい世界へ入り、希望をもって向かった大学レッスンで待っていたのは、私の希望を完全に裏切る絶望レッスンでした。(詳しくは以前の記事をどうぞ:ピアノ講師を選ばなくてはいけない理由 ~実体験より~

このため、私のピアノスタイル追及は一時ストップしてしまうのですが3年目に大学の学部長に救われ、大きく変わることとなります。教授のレッスンは、大学内、教授宅ともグランドピアノ2台設置のレッスン室で教授が一台のピアノに座り、学生はもう一台のピアノに座る形で、アドバイスなどを直に演奏して教えてくださいました。今思うと、実際に演奏してレッスンをしてくださる先生はとても少なかったです。そして、その素晴らしい教授のもとで私は理想的な座り方をもう一度勉強し直しました。

そこでやっと力の抜けた自然な演奏スタイルの基礎が築けたのです。大学3年なので21歳頃の話です。それからは、自分の体の様子を観察しながら、演奏する姿を映し出せる姿見鏡をピアノ椅子の横に置いて練習もよくしました。そしてプラハ音楽院での2年間で新たに出会った師のもと、次は腕や指の使い方までを自分の最も理想とする形にまで作り上げることが出来ました。こうしてベストなスタイルを見つけるまでにずいぶん長い期間を費やし、苦労もしたので生徒さんにはこうした苦労がないように。。。という思いから特に演奏姿勢や指、腕の動きを他の先生方より丁寧に指導しているのかもしれませんが、演奏スタイルの習得はとても大切なことだと思っています。

無理のないバランスがとれていてこそ、響く音を奏でる事が出来、ピアノに自分の気持ちを伝えきれるからです。嬉しい事に、エンジェルトーンの生徒さんはみなさんアドバイスを取り入れて上手に改善出来ているので、今後難しい曲に出会った時にも体全身で楽曲を味わって奏することが出来るようになると思います。

そして私は、いつでも生徒さんのレッスン時に演奏をしてアドバイスする事が出来るように怠ることなく練習・勉強を積んで、実りあるレッスンをしていきたいと思います!ピアノは練習したらその分上手になれます。皆さんも一緒に頑張りましょう♪

angeltone-piano.com