読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

練習と睡眠の不思議な関係

f:id:angeltone:20151103151436j:plain

前回は、小さなお子様を対象にしたお家での練習で気を付けたい事をテーマに書きましたが、その後に書き忘れたなぁと思った事を一点書き加えようと思った際に、「この事は小さな子だけでなく、大人にもあてはまる」と思い新しいテーマで書くことにしました。題して「練習と睡眠の不思議な関係」です♪

私は、娘のピアノ練習を毎日一緒に見ていますが、日によっては全然うまく弾けなくて弾く本人も私も怒れてしまう時があります。以前は、そんな時に「練習する気をもってやりなさい!」などと言っていましたが最近は出来るところまでやって、弾けなければその個所はドレミで歌って終わります。すると次の日結構スルッと弾けるようになっていることが多い。大抵、次の日には上手に弾けます。

どうしてでしょう??答えは睡眠です。専門家ではないので、詳しい事はわかりませんが睡眠中に頭の中が整理されて次の日までに理解できる状態にまで持っていけるようです。これってお勉強の暗記でも同じような事があったような気がしますが皆さんはどうでしたでしょうか?

実際、思い返してみるとプラハ時代に声楽の伴奏楽譜を山のように頼まれてそれを1~2日後に控えた本番までに間に合わせなくてはいけなかった頃の私は、とにかく楽譜を一度全部弾いて時間ぎりぎりまで練習したら半分あきらめの心境で寝ました。すると、次の日には、何とか形になるまでの伴奏が出来るようになっていたものです。不思議なのですが、寝ている間に詰め込まれたぐちゃぐちゃの頭の中を整理する機能ってあるのでしょうね。

これは有難いことに、子供から大人まで皆さんが持つ嬉しい能力です。なので、お子様が今日の練習で上手に弾けなくても、ご自分の演奏が全然納得できなくても、そこで怒ったり悲しんだりすることなく、一度寝てくださいね。

そこから先は、不思議な睡眠の力とその後の努力できっと弾けるようになります★

angeltone-piano.com