読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

ピアノを弾く時の座り方でお腹周りスッキリに!?

f:id:angeltone:20150929012936j:plain
連休も終わり、運動会シーズン真っ只中ですね。教室でも運動会目前の生徒さんたちのお話で盛り上がっています。
私は、主人が仕事の都合で残るプラハの時間(日本より7時間遅い)に合わせて、連絡を取りながら生活しているため、週の半分はほぼ徹夜で帰国以来生活していますが、ここ1~2週間は子供と横になると一緒に寝てしまうので、ブログも更新が遅れてしまいました。
お休み明けには、生徒のみなさんからお土産やプレゼントをいただきありがとうございました。皆さんのお気遣いをとても嬉しく感謝しております☆☆☆

さて、今日のテーマは女性に嬉しいポッコリお腹対策。私自身が出産、子育て期を経る中で感じた意外なピアノの一面です。
赤ちゃんのお世話は、おむつ替えにしても授乳もお風呂も大抵の動きが前かがみの姿勢なので、どんどん猫背になり背筋を伸ばさないので腹筋も使わずお腹周りにお肉が・・・となっていくのですが。少し子供たちから解放されるひと時(お昼寝の時など)を見つけて、積極的にピアノの練習をするようになったらそんな猫背やお腹のたるみも改善されたのです!!
ピアノを弾く時は、座っていますが椅子にど~んっ!と深く座るのではなく、ペダルを踏む足と鍵盤を押す手を支えるコンパスのようなイメージでバランスを保ちながら浅く腰掛けます。そしてしっかり背筋を伸ばして上半身を支えるのでお腹にも力が入り一気に猫背改善と腹筋トレーニングが出来ます。

小さい頃から当たり前のように座っていたので、お腹に力を入れて座っている感覚など全くなかったのですが、子育て中心の生活で何年も経過した今ではその腹筋トレーニングに驚いています!!
大人の皆さんも、きれいなボディーラインを作る+音楽を楽しむ を一気に手に入れられるピアノを挑戦してみてください。
とはいえ、赤ちゃんや小さいお子様のお世話をしながらでは、なかなかそんな自分の時間を見つけるのは大変ですね・・・♪お母様方、どうぞご自愛ください☆

写真は演奏会前のリハーサル中の私です。弾きながらウェストのトレーニングしてます(笑)♪

angeltone-piano.com