読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

愛知県犬山市のピアノ教室☆エンジェルトーン blog

愛知県犬山市のピアノ教室 「エンジェルトーン」講師Rieのブログ ピアノ練習法、レッスン法、ピアノ講師の選び方や生徒さんの記録

デジタルピアノ選びのポイント

ピアノ教室・講師は選びましょう

f:id:angeltone:20150714021642j:plain

お子様にピアノ教室へ通わせるにあたって必要になるものは、自宅練習用のピアノです。

もともとお家にピアノがあるご家庭は、難なくそのピアノを調律するだけでさっそく教室へ通うことが出来ますが、楽器のない場合には何かしらの鍵盤楽器が必要になります。

とは言え、本物のピアノを買うとなると縦型のアップライトピアノでも結構なお値段がするため、小さい頃のお子様にはデジタルピアノをご用意されるご家庭が多いと思います。

 

実際、エンジェルトーン教室の生徒さんも電子ピアノでお家で練習している生徒さんはいらっしゃいます。教室によっては、初めから本物のピアノを用意していただかなくてはレッスンしません。というところもあるようですが、そうでない場合の初期段階のピアノ練習に使うためのデジタルピアノをご購入検討中の方への選び方のポイントを少し上げてみようと思います。

 

◎音質を確かめる

突然、音質と言われても分からないと不安になってしまわれるかもしれませんが、基本的な点なので是非チェックしてみてください。

まず試し弾きをする際、鍵盤の中央部分のみを弾くのでなく高音部と低音部の響きも聞いてみる。高音部に軽やかさ華やかさ、低音の響きに独特の重厚感があるか。また、少し鍵盤を長押ししたり跳ねるように音を出したとき、鍵盤を強く押したとき、弱く押したときの音の鳴り具合を聞いて音色の幅をチェックします。音色の変化に幅のあるピアノほど表現力を豊かに演奏へと反映できます。音の出口であるスピーカーの位置や機能も確認してください。

 

◎タッチを試す

これは音質と同じくらい大切なことです。今は、鍵盤の重さも本物のピアノに似せて作ってあるので、キーボードのようにさわっただけで音が出るというほど鍵盤を押すのに力がいらないデジタルピアノも少ないと思いますが、家での練習と教室でのレッスンで弾くピアノの鍵盤の重みが違うとなかなか弾きにくいですし、本番にも負担がかかります。ピアノ鍵盤の打鍵を再現して作ってあるデジタルピアノを選ぶことが大切です。デジタルピアノの宿命か、打鍵したときのカタカタという音がどうしても気になりますが、これは仕方ないですね・・・

 

◎付属

デジタルピアノであっても、ペダルのついているものを選んだ方がよいでしょう。ペダルはある程度基礎が出来るようになると、楽譜に頻繁に登場します。一気に演奏の雰囲気も変わりますので、表現力をつけるためにもペダルは大切です。また、椅子も購入できるのであれば、高さの調節ができるタイプのピアノ椅子を用意されるとよいです。

奏者とピアノの座る高さがあっていないと、腕や肩に負担がかかって良い音が出なかったり、姿勢も悪くなってしまいます。

自然に腕を下したところに鍵盤がある。という状態を作れるピアノ椅子はとても重要です。

 

先日、ちらっと電気店をのぞいたら見かけたデジタルピアノでしたが随分研究を重ねられてきたなあと思いました。デザインも素敵です。楽しいピアノレッスンを送るため楽しめるデジタルピアノ選びをなさってください。

 

angeltone-piano.com